アメリカでは

妊娠や妊娠前の女性に大きく影響をする葉酸に関しては、日本よりもアメリカの方がはるかに早く研究が行われてきました。

2000年ごろアメリカに行った人が、アメリカでは葉酸の研究が進んでいることを聞いています。もっとも、アメリカの場合は妊婦さんのためでなく、一般の人が葉酸不足による弊害からでした。

ところが、葉酸不足は動脈硬化を引き起こす原因ともなりますが、妊娠するときの女性が葉酸を不足していると神経管閉塞障害を持った子が生まれるリスクが高いことがわかってからさらに研究が進められたようです。

中国でも日本より早くに葉酸と妊娠との関係がわかっていたようですが、中国の場合は研究が進められたというよりも、古来の中国医学から葉酸と妊娠との関係が人々の意識に浸透していたようです。

もうだいぶ前の話なのですが、中国に在住していた女性が、妊娠したようなので、産院へ行きました。妊娠していたことがわかり、以前、流産をして経験があることを医師に言ったら中国人のその先生は、葉酸を処方してくれたそうです。

その当時はまだ妊娠前の女性に葉酸が必要な事や、妊婦さんにとっていかに葉酸が必要なのかはまるで日本ではいわれていなかったときでした。それだけに、流産の心配に葉酸を処方されたことにちょっと驚いたそうです。

日本でも実は葉酸の歴史そのものは古かったのです。タケダ薬品でも昭和23年には葉酸の研究を始めています。

ただ、今の様に葉酸不足の女性が多くなり、その結果妊娠しにくくなったり、障害を持った赤ちゃんが生まれることも日本では少なかったのです。

しかし、今は妊娠前の女性や妊娠中の女性に必要なことがわかった厚生労働省でも呼びかけて妊娠する前から、葉酸サプリを利用するようになっています。

関連記事

ピックアップ記事

葉酸サプリランキング

葉酸サプリの人気商品をランキング形式で紹介します。 東尾理子さんも愛飲していることで、話題の葉酸サプリです。100%天…

人気の葉酸サプリ

ページ上部へ戻る