一般的にNGとされていること

昔から妊娠中にやってはいけないと言われていることはたくさんあります。根拠のあるもの無いもの、全てを織り交ぜればすごい数です。

まず、一番言われていることは、食べる物に関して多く言われています。食べる物の偏りに注意しなければいけないのですが、何故か妊娠すると好みが変わったり、特定の食べ物ばかり食べたくなったりします。

その現象を私は「妊娠すると、あかちゃんために栄養が偏らないように、自分に不足しているものを体が要求しているから」と聞いた事があります。そのときは「なるほど、人間の身体は上手くできているものだ」と、感心して聞いていたものです。

しかし、最近になって耳にしたのは、「無性に欲しくなるが、しかし食べ過ぎると生まれた赤ちゃんがその食物に対してアレルギー反応を起こす傾向が強い」と聞きました。

食べすぎは無論いけないのですが、この現象を、一方では食べなさいと言い、もう一方では食べない方が(もちろん食べ過ぎはNG)良いと言っています。いったいどちらが本当なのでしょうか?

また、妊娠中は赤身魚の刺身を食べない方がいいと言われています。その理由は、生の赤みの魚のなかの「残留水銀」が胎盤を通り抜けて胎盤の中に入ってしまうからだそうです。胎児にはそれを解毒する力がないので避けた方が良いようです。

乳製品は子供のアレルギーになる可能性が高いと言いますから、過剰に摂らないでください。薬を飲むことは可能な限り控えたいものですが、健康食品やサプリメントも控えたいものです。

しかし、厚生労働省が推奨している葉酸サプリは別で、赤ちゃんがしっかり育つためには欠かせないのが葉酸ですからしっかり摂ってください。

そして、妊娠中はとにかく体を冷やさないでください。昔から伝わっている「腹帯も」お腹を冷やさないようにとの意味で始まっています。

ノースリーブや、生足は厳禁です。真夏でも靴下は必ず履くことをお勧めします。

関連記事

ピックアップ記事

葉酸サプリランキング

葉酸サプリの人気商品をランキング形式で紹介します。 東尾理子さんも愛飲していることで、話題の葉酸サプリです。100%天…

人気の葉酸サプリ

ページ上部へ戻る