葉酸の1日の必要量

厚生労働省では、妊娠を望んでいる女性に葉酸を摂る意味や理由について周知するように働きかけています。

葉酸は赤ちゃんの生育に大きく関係するため、妊娠する3ヶ月前から飲んでおく方がより効果が上がるのです。それと同時に妊娠する前の健康管理の重要さも周知する必要があるとしています。

葉酸の摂取量についての注意ですが、葉酸は調理の段階で熱のため50%近くの栄養分を損なうため、かなり多くの量を摂らないと1日の摂取量に間に合わないのが現実です。

そこへ食品中の葉酸の代謝過程他様々な過程での損失を考えると利用効率は、ごくわずかなものになってしまいます。

従って、かなりの量の食品を食べていてもまだ葉酸不足なんていうことも起こってしまいます。葉酸の現在1日の摂取量の目安は350gとなっています。この量に満たせない時、簡単に補えるのが、葉酸サプリです。

もちろん、頼りすぎはいけません。しかし上手に利用することで、妊娠時の状態を万全なものに整えることをお勧めします。

この葉酸の妊娠前と妊娠中の葉酸の摂取をこれほど厚生労働省が呼びかける背景にあるものは、神経管閉鎖障害という、葉酸が不足しているために起こる障害を持って産まれてくる子が増えたからです。

今は妊婦さんの場合は、葉酸の事が母子手帳にも書いてありますし、検診で指導も受けますが、問題は妊娠前の女性です。

しかも、妊娠時から数週間が特に大事というこの葉酸、この時期に間に合わせるように3ヶ月ほど前から飲むのが望ましいと言っても、葉酸の摂取が大事なこの時期を知らずに迎えてしまうことも多いでしょう。

関連記事

ピックアップ記事

葉酸サプリランキング

葉酸サプリの人気商品をランキング形式で紹介します。 東尾理子さんも愛飲していることで、話題の葉酸サプリです。100%天…

人気の葉酸サプリ

ページ上部へ戻る